アウト 〔雑誌〕

西暦2008年―米国の数多ある男性同性愛を専門とした雑誌のうちでも最も高い発行部数を誇る月刊誌、それがアウト(Out)である。

2001年5月号―その表紙を飾るはカールソン・ツインズ
2001年5月号―その表紙を飾るはカールソン・ツインズ

内に取り扱うその内容は、男性同性愛者〔ゲイ〕のファッション、エンターテインメント、そしてライフスタイル。簡易には―同性愛者向けライフスタイル情報誌。

20世紀も終わりに近づいた頃―1992年に、マイケル・ゴフ(Michael Goff)という名の出版関係者―言うまでもなくゲイ―の指揮によって産声を上げたこの雑誌は、同じく名高い同性愛誌の『ジ・アドヴォケイト(The Advocate)』と並んで、米国の二大ゲイ専門誌として大いなる光を放っている。

そんなこの雑誌―アウト・マガジンは、その創刊の時からおおよそ16年間にわたってサンフランシスコのプラネットアウト(PlanetOut Inc.)という会社に発行されていたが、この会社を買収した『ヒア!(here!)』というテレビネットワーク企業が2008年の4月より新たな発行者となっている。

『ゲイ大国』と呼ばれるようにもなったアメリカ合衆国。そのゲイ文化の日増しの隆盛にともなってか、やがては毎年20万部に届こうかというほどの規模を持つようになったアウトは、『アウト100(Out 100)』―そう題して、その年のゲイ文化にて最も活躍した100人を選ぶという趣旨の祭典を開催してもいる。

資料

WWW

Out Magazine(公式)