エヴァ・ゴンサレス

あまりに有名な『世界の"美"の祭典』―ミス・ユニバースの2003年度のスペイン代表を務めたスペイン出身の女性モデル、それがエヴァ・ゴンサレス(Eva González)〔1980年11月5日生〕

ほほえむエヴァ
ほほえむエヴァ

変化の時代を迎えて間もなくの西暦1980年―エヴァは、スペインの南の外れに位置するセビリアという地にエヴァ・マリア・ゴンサレス・フェルナンデス(Eva María González Fernández)という名で生まれ、そのマイレーナ・デ・アルコールという町で育った。

―その生誕からおおよそ23年後の2003年に至って、スペインのミスを決する大会―ミス・エスパーニャ―にその地元セビリアの代表として参戦。ついにはそのミスの座を勝ち取るのである。更に同年度―2003年度のミス・ユニバースのスペイン代表に選ばれることになった。22歳のときだった。

結果的にはその上位15にすら入ることができなかったものの、その序盤にてなかなかの人気を集め、民族衣装としてのフラメンコのドレスをまとって披露したその姿は、傍観の人々の記憶にささやかながらも自身の名を留めたのであった。

やがてモデルとしての経歴を始動したエヴァは、国内―スペインの高級ブランドのランウェイを飾るようになり、国内のテレビに出演するようにもなり、国内の数多の雑誌の表紙をその姿をもって飾った。

茶髪に茶色の瞳。その身長おおよそ1.76m。ほとんどスペイン国内のみをその場として活動する―そんなエヴァ・コンサレスは、エリート・モデル・マネジメントを含めた幾つかのモデル・エージェンシーからのマネジメントを受けつつ、時にサッカー選手との色恋沙汰で浮名を馳せるなどしつつ、『情熱の国』の美の大舞台にその名を知らしめ続けている。

資料