キム・ヌールダ

オランダ出身の女性モデル―キム・ヌールダ(Kim Noorda)〔1986年4月22日生〕

笑ってみたキム・ヌールダ。
笑ってみたキム・ヌールダ。

西暦1986年―オランダ王国の首都たるアムステルダムに生まれたキムは、4人の子のうちの一人という境遇にあって育った。

その日々に転機が訪れたのは2003年のある日―友達とともに街を歩いていたときのことだった。この国―オランダのモデル界で最強と謳われるウィルマ・ワッカーという人物によって見い出されたうえでスカウトを受けたのである。

そうしてモデルとしての道を歩むきっかけを得たキムは、その翌2004年にさっそくフランスのパリとイタリアのミラノ―これら伝統的な『ファッションの都』にて、シャネル、ジル・サンダー、プラダ、ミュウミュウという4ブランドの秋季のコレクションに登場。

かくしてランウェイの舞台へのデビューを飾ったキムは、その翌年―2005年に至りブルガリのオムニア・クリスタリンという香水との契約を持ち、更にサルヴァトーレ・フェラガモの同年度秋季の広告塔となった。

サルヴァトーレ・フェラガモとの契約を2006年に更新したうえで、それまでと同様に、ほぼ毎年、毎季にわたって膨大な数のコレクション群に姿を見せ、ランウェイを歩いている。

その経歴のうえで飾ってきた広告の数々は、 A.P.C.、ボッテガ・ヴェネタ、ブルガリ、キャッシュ、ヒューゴ・ボス、メール・ドゥ・ノード、ロシャス、サルヴァトーレ・フェラガモ、・・・。

2008年度秋季―ジャン・ポール・ゴルチエのランウェイをゆくキム。
2008年度秋季―ジャン・ポール・ゴルチエのランウェイをゆくキム。

飾ってきたコレクション―歩いてきたランウェイの数々は、アレキサンダー・マックイーン、バーバリー、シャネル、ドルチェ・アンド・ガッバーナ、ジル・サンダー、プラダ、マーク・ジェイコブス、ミュウ・ミュウ、ニナ・リッチ、ロシャス、アレキサンドレ・ヘルコヴィッチ、キャシャレル、セリーヌ、チャド・ラルフ・ルッチ、クリスチャン・ディオール、コステロ・タグリアピエトラ、シンシア・ステフィ、デレク・ラム、ゴースト、ジャン・ポール・ゴルチエ、ジル・スチュアート、ジョン・ガリアーノ、ジョナサン・サンダース、ロエベ、ルイ・ヴィトン、ルエラ・バートリー、モニーク・リュイリエー、ニコル・ファーリ、ペリー・エリス、ピーター・ソム、プロエンザ・スクーラー、テューラ、イヴ・サン・ローラン・リヴ・ゴーシュ、ワイ・アンド・ケイ、アナ・スイ、アクアスキュータム、ビーシービージー・マックス・アズリア、バレンシアガ、カルロス・ミーレ、チャイケン、コスチューム・ナショナル、ダナ・キャラン、エマニュエル・ウンガロ、ジャイルズ・ディーコン、グッチ、ハビチュアル、エルメス、フセイン・チャラヤン、ルカ・ルカ、ナルシソ・ロドリゲス、ポール・スミス、ラルフ・ローレン、ローランド・モーレット、ソニア・リキエル、ステラ・マッカートニー、ヴェラ・ウォン、ヴィクター・アンド・ロルフ、ヴンダーキント、ザック・ポーゼン、アン・ヴァレリー・アッシュ、エリー・サーブ、ジバンシー、アレッサンドロ・デラクア、アンナ・モリナーリ、アツロウ・タヤマ、バッジェリー・ミシュカ、カルヴァン・クライン、ディーチェ・カヤック、エトロ、ケネス・コール、ケンゾー、ラコステ、ランヴァン、マルニ、マックスマーラ、リチャード・チャイ、サルヴァトーレ・フェラガモ、スポートマックス、ヴァレンティノ、アンテプリマ、エリン・フェザーストン、マーロ、モスキーノ、ニコール・ミラー、リーム・アクラ、ロッコ・バロッコ、サクーン、トレンド・レ・コパン、アルマーニ・プリヴェ、アンジェロ・マラーニ、アン・クライン、バルマン、ブルマリン、ブリオーニ、ブルース、バーバリー・プローサム、クロエ、ダナ・キャラン・ニューヨーク、ディーゼル・スタイルラボ、ドリス・ヴァン・ノッテン、エミリオ・プッチ、ジャンバティスタ・ヴァリ、ジャンフランコ・フェレ、ジョルジオ・アルマーニ、アイザック・ミズラヒ、イエンス・ラウガセン、ラ・ペルラ、ポリーニ、ベルスタッフ、ボッテガ・ヴェネタ、ビブロス、ディースクエアード、イザベル・マラン、カール・ラガーフェルド、オスカー・デ・ラ・レンタ、プリーン、プリングル・オブ・スコットランド、ロベルト・カヴァリ、トミー・ヒルフィガー、・・・。

ブロンド(金髪)に青色の瞳。その身長おおよそ1.80m。キャメロン・ラッセル、ハイ・パク、ルカ・ガジャスマグダレナ・フラッコウィアックミラナ・ケラーミミ・ローチターニャ・ディアヒレヴァ、・・・こうした同業者らとの交流を持つ。

そんなキム・ヌールダは、自らを見い出したウィルマ・ワッカーによる『ウィルマ・ワッカー・モデル・マネジメント』を含む幾つかのモデル事務所らからの世話を受けつつ、アメリカ合衆国のファッション・キャピタル―ニューヨークに居を定め、『美』の大いなる舞台へとその輝きを放ち続けている。

資料