寿永寺 〔正覚山〕

東京都―台東区(たいとう-)―古くは『根岸の里(ねぎし-さと)』と呼ばれた地域の一角にその伽藍を置く一ヶ寺、寿永寺(じゅえいじ)というその寺は、江戸時代からの歴史を秘めつつ、得生院との院号、正覚山との山号、そして赤門寺との通称を持ち、下谷七福神の札所の一たる布袋尊(ほていそん)をその境内に置く。

目次

歴史

そのはじめは江戸時代(西暦おおよそ1600~1867年)の初めの頃になる。

江戸幕府二代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)の側室であった得生院殿寿永法尼という尼が、秀忠の菩提を弔うためにとこの地に一宇の庵室を開いた。これがすなわち寿永寺の開創で、ちょうど寛永7年(西暦1630年)のことであった。

時も下った昭和52年(西暦1977年)には、近場の五ヶ寺と一社ととともに下谷七福神の札所に定められた。

伽藍

都市化の波に呑まれて久しくありながらも未だ下町の面影を留める『根岸の里』―そこは台東区の一角の町。

東泉小学校(とうせん-)という区立小学校からわずかに西のところに置かれたその伽藍には、コンクリート造りの近代的な本堂が建つ。

本堂と庫裏(くり)―住職らの住まい―との間のところに置かれた大きな石像が、これすなわち下谷七福神の札所たるゆえん―布袋尊。大きな石像たるこの布袋は、手前に『笑門』そして『福来』―これすなわち『笑う門には福来たる』―と刻んだ花立を据えている。

寺地からわずかに北には、阿部友之進という江戸時代の本草学者や河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)という俳人の墓が眠ってもいる曹洞宗の寺―梅林寺がその伽藍を置き、そのすぐ北には永久寺、更にすぐ北には遊女の投げ込み寺として知られているという、浄閑寺(じょうかんじ)という浄土宗の寺がある。

余話

下谷七福神の札所のうちで最も北に位置する。宗旨は不明。

周辺

東盛公園、日の出湯、都営南千住二丁目アパート、小塚原刑場跡、回向院、城北労働・福祉センター、ホテルあかぎ荘、玉姫公園、光照院、仰願寺、浄雲寺、玉姫稲荷神社、玉姫児童館、区立石浜小学校、石浜公園、通入寺、念佛院、本性寺、出山寺、永伝寺、玉蓮院、保元寺、福寿院、妙亀塚、都営清川二丁目アパート、都営石浜アパート、浅草北部教会、平賀源内墓、不動院、都営橋場二丁目アパート、...

西

千束稲荷神社、竜泉寺、根岸図書館、根岸社会教育会館、東日暮里ふれあい館、都営東日暮里一丁目アパート、荒川区立第六瑞光小学校、荒川区立第三峡田小学校、三河島変電所、都営荒川アパート、大空庵、東京福音教会、東京朝鮮第一初中級学校、日暮里公園、荒川区立第三日暮里小学校、蓮念寺、...

樋口一葉記念館、吉原公園、正宝院、大音寺、正燈寺、西徳寺、千束保健福祉センター、田甫酉ノ寺、鷲神社、吉原神社、千束児童館、...

三ノ輪福祉センター、公春院、真正寺、荒川区立第二瑞光小学校、円通寺、西光寺、都営南千住五丁目アパート、真養寺、日慶寺、素盞雄神社、天王公園、誓願寺、...

所在

住所は東京都台東区三の輪1丁目22番15号にて、電話番号は03-3873-2402、最寄の電停は三ノ輪駅。

資料