明性寺 〔西油山〕

西油山との山号を称す浄土真宗の一ヶ寺―明性寺(みょうしょうじ)というその寺は、同宗の本願寺派に属し、福岡県都に今も悠久の時を刻み続ける霊峰―油山(あぶらやま)の麓の町にあって、人影数多の街路のさなかに伽藍を置いている。

ある冬の日の午後のその姿
ある冬の日の午後のその姿

目次

歴史

その開山の年代は不詳ながらも、地誌『早良郡志』には、本寺は肥後(ひご)の菊池(きくち)―のちの熊本県菊池市の内―の浪人であった成澤という者の開基で、はじめは天台宗であった―という旨の記録が伝えられているという。

近世に編纂された名高い地誌『筑前国続風土記』の『附録』や『拾遺』において、本寺は早良郡(さわら-)の西油山村(にしあぶらやま-)の内の寺として現れる。
その境内の見やる油山
その境内の見やる油山

その通り、この寺は元々は早良郡の西油山村―現同県同市同区西油山の内―にあって、近世には重留村(しげどめ-)―現所在地からすぐ南にあった村―の妙福寺という寺の末寺としてあった。

近世の間のいつぞやの頃にその宗旨を真宗へと改め、やがて近代に入り、第12世住職のとき―大正7年(西暦1918年)―に油山の地から今のありどころに下り、古材を用いてそこに新たな本堂を建立。

寺誌『福岡寺院探訪』の編纂期―昭和63年(西暦1988年)〜平成2年(西暦1990年)―でその住職は第15世、更に、この寺誌にある本寺の写真のなかには、今のそれとは大きく異なる境内の姿と木造の本堂が見える。

すなわち、この書の編纂者である今田正昭が取材したより後の時期に、本堂を含む伽藍の新たな造立が行われたのであった。

古記

  • 『明性寺 ムラウチ 眞宗西 佛堂
重留村妙福寺に屬せり。座元也。』
― 筑前国続風土記附録>早良郡>西油山村
  • 『明性寺
村内に在。真宗西重留村妙福寺の末。座元なり。』
― 筑前国続風土記拾遺>早良郡>西油山村

伽藍

福岡県都―福岡市の内にあって、その中部から南方にかけて広がる早良区。古代よりその名を知られた霊峰―油山は、この区と隣の城南区とにまたがりながらに横たわり、刻々とその姿を変えてゆく街を眼下に見据える。

西より見られるその大屋根
西より見られるその大屋根

西油山―明性寺は、この山の西の麓に形成された『野芥(のけ)』と呼ばれる市街のさなかに伽藍を置いている。

歴史的な『福岡』の市街から南に下り、『奥早良』とも言えよう地を越え、やがては遥かなる霊峰―脊振(せふり)の山々に到る道。かつて早良街道(-がいどう)と呼ばれた歴史あるこの路は、今に国道263号の一部となってかの町々を貫く。

この道路の左(西)の傍らに位置する伽藍は、その地上の部分を車庫に仕立て上げ、段を上がった先の一段高いところにて、かの道路のほうに向けて山門を開いている。

山門を入ればそのすぐさま本堂。右には庫裏への小道が続く。

開発の波に呑まれた末の変貌を遂げて久しい市街。かようの町々とともに、伽藍は引っ切り無しに往来する車の走りの音を聞き、遠く向こうに―かつてその時を刻んだ霊峰・油山のその影を見据え続けている。

周辺

野芥北公園、市営梅林第1住宅、梅林古墳、市営梅林第2住宅、梅林中公園、干隈中央公園、熊添池、天理教会、熊本池、八幡宮、草場池、菩提寺、梅林中学校、福岡大学病院、五ヶ村池、烏帽子池、晴明病院、三太郎池、小袖池、トンボ池、早苗田新池、道手池、...

その境内の南に通る小路は、かつて西脇と呼ばれたところの区域の内へと続く。
その境内の南に通る小路は、かつて西脇と呼ばれたところの区域の内へと続く。

西

顕真寺、地禄神社、野芥6号公園、市営田隈一丁目東住宅(市営西脇内林住宅)、こぐま保育園、田隈北公園、市営田隈一丁目西住宅、内林公園、田隈小学校、田隈中公園、田隈中学校、市営住宅田村団地、...

野芥天神橋(油山川)、市営西脇第2住宅、市営原ノ前住宅、市営野芥三丁目南住宅、円応院、櫛田神社、市営野芥住宅、野芥保育園、野芥小学校、市営野芥七丁目住宅、油山病院、七田池、鴻巣池、さつき幼稚園、早良幼稚園、早良教会、四箇田団地、四箇田小学校、市営西脇第1住宅、西の坪公園、八幡不動尊、重留変電所、西油山中央公園、海神社、浄覚寺、妙福寺、真正寺、大慈観音、...

田隈保育園、田隈教会、野芥7号公園、田隈人権のまちづくり館(旧田隈隣保館)、干隈会館、宮井手公園、竹の花公園、竹の花集会所、大藪集会所、大藪公園、市営田隈第1住宅、免郵便局、市営免住宅、加茂小学校、加茂神社、水町公園、免公園、免集会所、木ノ坪公園、星の原団地、原南集会所、...

所在

住所は福岡県福岡市早良区野芥2丁目7番8号にて、電話番号は092-871-0578、最寄の電停は地下鉄七隈線野芥駅。

資料