榮倉奈々 涙そうそう

榮倉奈々 涙そうそう(えいくらなな なだそうそう)youtube.png―imamaiという自称日本在住の人物によって2007年の1月21日にユーチューブ(YouTube)に公開されたこの動画は、その題名の通り、榮倉奈々による『涙そうそう』の歌唱および演奏の様を収めた映像である。

小脇に三味線を抱え『涙そうそう』唄う榮倉奈々。
小脇に三味線を抱え『涙そうそう』唄う榮倉奈々。

その全長おおよそ2分37秒。その公開からおおよそ1年と半年後にあたる2008年7月13日の時点で、おおよそ58万の閲覧数、そこに83のコメントがある。

目次

歌い奏でる榮倉奈々

片手間に女優業をもこなす鹿児島出身のモデル―榮倉奈々。

小学校一年生の頃から三味線を習い始め、いつしかその準師範の資格を有するまでに腕を磨いたそんな彼女が、2007年の1月21日に放送されたフジテレビの『新堂本兄弟』に出演、・・・そして沖縄出身の珠玉の歌い手―夏川りみの『涙そうそう』を自らの歌声をもって、それを自らによる三味線の演奏とあわせて披露する。

『涙そうそう』

沖縄・・・石垣島出身の熟練のアーティスト―BEGIN(ビギン)の作曲、そして同じく熟練の歌い手―森山良子(もりやまりょうこ)の作詞によるこの楽曲は、BEGINと同じ石垣島出身の夏川りみによる再唱を受け、2001年の3月23日にそのCDとして世に送り出された。

かくして広く好評を得たこの楽曲は、広島出身の土井裕泰(どいのぶひろ)の監督によって映像作品の題材ともなり、2006年の夏に同名の映画として世に送り出されることになった。

資料